ソーシャルメディアポリシー

Social Media Policy

ソーシャルメディアポリシー

Jトラストシステム株式会社(以下「当社」)の役職員がソーシャルメディア上で発信する情報は、当社の公式アカウントからの発信であっても、当社の公式発表・見解を必ずしも表しているものではなく、正式な発表に関しては、当社のWebサイト及びニュースリリースなどで情報発信しております。

また、ソーシャルメディアにて発信された情報は、発信時点のものであり、その後変更される場合がありますのでご了承ください。

個人情報の保護については、「個人情報保護方針」 をご参照ください。

導入の背景

近年、ソーシャルメディアの浸透が日々進んでおり、Jトラストグループ(以下「当社グループ」といいます。)においても、企業活動および当社グループ役職員の私的活動を通じて、その利用は広がりをみせています。

ソーシャルメディア上では、役職員の誤った振る舞いが大きな問題に直結する可能性があり、また、ソーシャルメディア上で情報発信する役職員は今後も増加すると考えられることから、今般「ソーシャルメディアポリシー」を策定し、一貫性のある情報発信行動に取り組んでまいります。

目的

ソーシャルメディアの活用による当社グループの健全な発展と、誹謗中傷や風評被害などソーシャルメディアの不適切な利用による当社グループ役職員と当社グループへの悪影響を未然に防止することを目的として、ソーシャルメディアポリシーおよびソーシャルメディアガイドラインを策定します。

基本方針

  1. ソーシャルメディアの利用時には、プライバシー保護に留意すること。
  2. 法律および社内の各種規程を遵守し、規律を持って対応すること。
  3. 犯罪や反社会的・反道徳的行為を助長する記述、虚偽の記述は行わないこと。
  4. やらせ情報、他人への誹謗中傷などの書き込みは行わないこと。
  5. 民族、宗教といった話題、倫理観に関するような価値観の違いが大きい話題や、著名人などの特定個人への批評といった話題などを扱う場合については、慎重に記述すること。
  6. 常に相手に敬意を払い、良好なコミュニケーションを心がけること。
  7. ネットにある情報をうのみにせず、真偽を確認した後に適切な行動をとること。
  8. 当社グループに関する重要な記述、クレームやトラブル内容を発見した場合は上司または広報窓口に連絡し、指示を受けること。
  9. 個人での勝手な判断や行動はしないこと。
  10. これらのルールは自分だけでなく家族などとも共有し、ソーシャルメディアを通じて前向きに社会へ貢献できるように活動すること。

 

以上

ポリシー一覧に戻る