Google謹製のWordPress用プラグイン「Site Kit」を試す

WordPress
この記事は約6分で読めます。

ブログやコーポレートサイトの運営で気になるのはサイトへのアクセスですよね。計測用ツールは色々ありますが、有名なのはGoogle AnalyticsとGoogle Search Consoleかと思います。

もちろん当社でも使っておりますが、計測対象がWordPressならSite Kitが便利なので、紹介いたします。

Google Site Kitとは

GoogleがベータリリースしているWordPress用プラグインで、すでに登録済みのAnalyticsやSearch Consoleの他、Tag Manager、AdSense、Optimize、PageSpeed InsightなどがWordPressの管理画面に統合できます。

Google Site Kit

ただし、現在は「developer beta」となっており、開発者向けのベータ版という位置づけです。「不具合とかあったら報告してね」「トラブったら自分でなんとかしてね」レベルということです。

私も最初にインストールしたときはgithubに公開された最初のバージョン「1.0.0-beta.1」で、なぜかAnalyticsを連携できず、Search Consoleのみ連携して、「意味ないなぁ」「将来は便利になるかもなあ」なんて感じでした。その後「1.0.0-beta.1.0.1」で普通に使えるようになりました。

Site Kitのインストール

Site Kitのサイトにアクセスし、「Get developer beta」から進んで、ページ中程にある「download right here」からプラグインのzipファイルをダウンロード、それを手動でプラグインとしてWordPressにアップロードすることでインストールできます。

Site Kit by Google
The best of Google tools, for your WordPress site.

詳しくは「ONE NOTES」さんの記事とかを参照してくださいませ。

WordPress Google製の解析プラグイン「Site Kit」の使い方 | ONE NOTES
GoogleがWordPress用の公式解析プラグイン「Site Kit」を発表しましたので、早速使ってみました。 Google製解析プラグイン「Site Kit」はSearch...

なお、手動インストールでも、更新は自動で通知が来ますし、WordPress上でアップデートが可能です。(実はそんなことができるとは知りませんでした)

Site Kitはまだベータ版なのでうまく設定できない場合もあるかもしれません。当社だと複数サイトを一つのアカウントで管理していたり、権限を分けていたり、googleアカウントも色々あったりで、最初のバージョンではうまくいきませんでした。もし試された方がエラーになっても、そのうちちゃんと使えるようになると思います。Googleですし。

またソースコードはgithubで管理されています。勇気があればそこでissueを立てれば不具合や要望に対応してもらえるかもしれません。なお、githubのreleaseからもzipでダウンロードできますが、フォルダ名などが異なるためWordPressにそのままインストールすることはできません。もしかして、と試してみましたがダメでした。

Site Kitを使う

インストール後の関連付けがうまくいくと、こんなページになります。当社の貧弱なサイトの数字を直接公開するのは恥ずかしいので、めっちゃボカシを入れました。Search Funnelのところはグラフが4つ並んでるんですけど、これじゃなんだかわからないですよね…。しかもキャプチャしたときのうちのSpeedの項目、やばいことになってます。改善しなきゃ。

 

これをインストールするまで、私はWordPressの管理画面、Analytics、Search Consoleと3枚の画面を切り替えて色々状況確認をしていたのですが、かんたんな状況把握ならこれで済むようになりそうです。もちろんAnalyticsやSearch Consoleへのリンクもあるので、ブックマークから開く必要もなくなりました。

AdSenseも接続できるのですが、当社のサイトは今のところ広告を出す計画はありません。接続するといい感じに広告を設定してくれそうです。収益をサイトから得られるのは悪くないのでしょうが、現在のアクセス数だと収益の処理の方が面倒となりそうですし、そもそもこのサイトへアクセスされる方は当社のお客様。広告はサーバ増強が必要なほど集客できたら考えてみます。今の所想像がつかない世界ですが。

Site Kitの今後を予想する

今のところ、単にWordPressとAnalyticsをつなぐだけの機能しかない様に見えるSite Kitですが、Googleさんですから、何か考えているのでしょう。

WordPressのサイトアクセス計測市場進出?

サイトアクセス計測という方向であれば、wordpress.comのJetpackがカンタンお手軽でした。Site Kitはそのセグメントを手に入れようという気なのでしょうか。確かにJetpackの計測より高機能でいろいろなことができます。「Jetpackで物足りなくなったらSite Kit」を狙っている可能性はあります。

WordPressの広告プラットフォーム拡大?

あるいはAdSenseの機能強化で広告プラットフォームの拡大を狙うのでしょうか。WordPressのテーマでAdSenseの広告を挿入する機能を持つものが多数ありますが、WordPressのサイト市場全体からすると、Site Kitで増やせる広告プラットフォームがまだ多くあるという事かもしれません。

WordPressそのものを手中に?

もしかするとWordPressをGoogleのプラットフォームの一つに、と考えているのかもしれません。GoogleのブログサービスはBloggerが有名ですが、ブログ大国の日本ではあまりパッとしません。となれば、WordPressを牛耳って手中に…ということも可能性としてあり得るのかも。wordpress.comで実装されれば…なんて妄想してますが、wordpress.comを使ったことがないので、本当に単なる妄想です。

不具合?

Site Kitのバージョンアップをした日以降離脱率が急激に変化しました。原因がわからず色々調べたのですが、その日やった事はSite Kitのバージョンアップくらいしか…ということでSite Kitが原因と考えていますが、未だ謎です。

上のグラフを見て分かる通り離脱率が80%程度とかなり高かったものが突然ほぼゼロになっています。Analyticsのサイトでも同じなので、データの表示は間違っていないようなのですが、原因が思い当たりません。本当に謎です。

2019-07-29追記

原因わかりました!単なる設定の問題というところにたどり着きました。(検証中)
Site KitでTag Managerも統合できるのですが、当然ながらすでに計測タグは入っており、統合していないつもりだったのですが…。気づいたら統合されてしまっておりました。

本日のアクセス数を見ていて、なんかGoogleのPV数が他の指標(JetPack)の倍?!ということで気づきました。(なんと恥ずかしい原因…)。確かにそれなら離脱率もゼロになる訳です…。

しばらく元々のTag Managerタグをオフにして、Site Kitのタグ計測にしてみます。

おわりに

さて、結局「インストールして使ってます」しか中身のない記事となってしまいましたが、もう少しするととても便利に使えそうなSite Kitです。トラブルシュートくらい自分でできるという方はインストールしてみてはいかがでしょうか。

Jトラストシステムでは、Site Kitのような新しいものにワクワクできる仲間を求めています。もちろんWordPressのプラグイン開発が好きな方、ウェブサイト構築が得意な方も大歓迎です。お待ちしております。

コメント

  1. […] Google謹製のWordPress用プラグイン「Site Kit」を試す […]