WordPress 5.0 導入しました

技術
この記事は約2分で読めます。

WordPress 5.0出ました。Gutenbergのエディタは相変わらず評価が低いようですが、そのうちに慣れてくるのでしょう。お客様の環境でもWordPressを導入させて頂いているケースもあるので、早速導入してみました。

WordPress 5.0 "Bebo" がリリース - Capital P
予告通り、WordPress 5.0(コードネーム Bebo)が12/6リリースされた。日本時間では12/7の深夜3時半頃だったろうか。今回のバージョンは次の対応が行われている。 新エディターGutenbergの採用。名 …

すべてのプラグインを最新化、テーマも最新化、サクッとWordPressの更新実施しました。プラグインの動きを点検し、WordPress4.9.8で試しに入れていたGutenbergプラグインは不要となったので削除、代わりにDisable Gutenbergを導入して、固定ページだけはもとのエディタ(TinyMCE Advanced)を有効にしておきました。

Gutenberg
ブロックエディターは WordPress バージョン5.0で本体に導入されました。このベータプラグインを使用すると、最先端の編集やカスタマイズの機能をテストできます。
Disable Gutenberg
Gutenberg ブロックエディターを無効化し、旧エディターと以前の投稿編集画面 (TinyMCE、メタボックス他) を復元します。投稿に対して選択的に無効化…

固定ページはどうしても専用レイアウトを作り込んだり、CSSで細かい調整をしたりしているので、HTMLが崩れるのは怖いですもんね。

練習でこの記事もGutenbergで書いていますが、いろいろと戸惑うことが多く、またレイアウトについて予想がつきにくい感じがします。慣れれば問題なくなるのだと思うのですが。

エディタ以外はあまり大した機能を入れていないので、今の所無事にWordPress5.0で動いているようです。あとは新バージョンなので脆弱性やらセキュリティの部分がどうなのか、慎重にリリースされていますから、多分大丈夫とは思いますが、しばらくリリース情報は注視しておく必要がありそうですね。

2018-12-14 11:30 追記 早速ですがWordPress5.0.1が出てますね。脆弱性が見つかったようです。自動アップデート機能はしばらく有効にしていた方がいいですね。
【セキュリティ ニュース】「WordPress」に複数脆弱性、「同5.0.1」がリリース - 旧版向け更新も(1ページ目 / 全2ページ):Security NEXT
コンテンツマネジメントシステム(CMS)である「WordPress」の開発チームは、セキュリティアップデートとなる「同5.0.1」をリリースした。旧版に対してもアップデートも提供しており、早急に更新するよう強く推奨している。:Security NEXT