ISDNよPHSよさようなら

技術

みなさんのオフィスではISDNって使っていますか?

若い世代にとっては「?」となるISDNですが、おじさんな自分にはネット黎明期を支えた重要なインフラの一つです。ISDN(家庭用の回線はINS64って呼んでました)を使って従量課金でインターネットに接続していたんです。

INSネット - Wikipedia

特に、テレホーダイという深夜定額制が始まると寝不足になりながらインターネットの大海原をサーフィンしまくっていたのです。最高速度128Kbpsでしたが、アナログモデムの速度からすると雲泥の差、バカっ速いと満足していたんです。1Gbpsの回線が普通に契約できる今だったら「遅くて使い物にならない」状態なのでしょうが。

テレホーダイ - Wikipedia

データ通信だけでなく、小規模の事業所だと、1つの物理回線で2回線同時に利用できたので、FAXを接続するのにも重宝していました。
ところが、ひかり電話やスマフォの普及のおかげで固定電話回線を契約する個人は減少の一方。自分も固定電話は契約をやめました。企業も中途半端なISDNからIP電話網への切り替えがどんどん進み、ISDN契約数は最盛期(2005年頃)から半減どころか1/3以下となっているようです。

そしてとうとうNTTは今年(2018年)11月末でフレッツ光提供エリアでのISDN新規受付を停止、2024年頃までにISDN網を廃止するとの意向が示されました。元々2020年度後半に廃止と言っていましたので、だいぶ先延ばしになりました。

IP網移行の概要|固定電話(加入電話・INSネット)のIP網移行|Web116.jp|NTT東日本
固定電話(加入電話・INSネット)のIP網移行の&#2...

普通の個人や企業であれば、もう廃止されても何も影響なし、という時代になってきているのですが、実はいろいろな部分で影響があるのです。

まずオンラインバンキング。銀行と大量取引をおこなう企業は、ファームバンキングという電話回線での取引をおこなっています。そこで使用するのがISDNなんです。元々はアナログ回線で同期モデムという遅くて高いものを使っていたものがISDNに移行したんだったかと思います。ファームバンキングが基幹システムに組み込まれていることが多く、Jトラストシステムでもかなりの回線数を使ってシステムを動かしています。
代替としては、インターネットバンキングや専用線による取引があるものの、そのまま右から左に切り替えられるものでもなく、システム改修、システム試験などかなり大ごとになります。企業間の情報交換に使われるEDIもほぼ同じです。

そして、PHSもISDNの基盤を使っており、当然ながら廃止となるのです。PHSというと、人によっては「昔安い携帯としてピッチ使ってた」という人もいるでしょう。女子高生のあいだでポケベルに続いて大ブームを巻き起こしましたが、実は今も企業で重宝していたりします。

東日本大震災をきっかけにBCP(事業継続計画)の重要性を考え、災害発生時の連絡網としての活用です。大災害が発生すると、その地域への安否確認の通話が増加するため、通信キャリア(携帯電話や固定回線の企業)は輻輳を防ぐ目的で接続可能数を絞り込みます。通信設備も被害を受けていたりしますので、「震災時には携帯電話は使えない」というのが定説となったのです。そのかわり、利用者数も減少していて、またマイクロセルという、小型アンテナを数多く設置するというPHSの仕組みもあり、「災害時に強いPHS」がクローズアップされたのです。

乾電池で動く“備蓄するPHS” ウィルコム『防災だフォン』を発表【災害対策】
ウィルコムは、災害時に乾電池で動く保管専用端末『乾電池 PHS 防災だフォン TWX01NX-DE』を発表した。発売は4月18日、法人での取り扱いとなる。

弊社でもPHSを配備していますが、その唯一のキャリアであるソフトバンクから、「PHS終了のお知らせ」が届きました。

全てのPHS向け料金プランの終了について(Y!mobile)
Y!mobileの「全てのPHS向け料金プランの終了について」のページです。

ファームバンキングもPHSも数年後までに切り替えが必要になりました。頭の痛い問題です。この問題については、そのうち続報を書こうと思っています。